广告

「青山裕企Aoyama Yuki摄影作品1」スク水 sukumizu

写真家・青山裕企が、ソラリーマンの撮影をスタートしたのが、2006年からとなります。もともと身のまわりの人たちを跳ばせて撮っていたのですが、父親の死をきっかけにソラリーマンを撮り始めました。時にコミカルで、時にクールなソラリーマンは、強い感動と希望を与えてくれます。

2009年「ソラリーマン 働くってなんだ?!」(ピエ・ブックス)、続いて2012年「跳ばずにいられないっ! ソラリーマン ジャパン・ツアー」(徳間書店)を刊行しました。新たな試みとして父親目線でのソラリーマンを撮りたいと考え、『娘とソラリーマン』シリーズを撮り始めました。娘と父親の間には、微妙にして絶妙な距離感があり、青山にとって最高に幸福な被写体であったと語っています。そして2015年「むすめと! ソラリーマン」(KADOKAWA)を刊行しました。

摄影家青山裕企从2006年开始拍摄索拉里曼。本来是让身边的人跳着拍的,但是以父亲的死为契机开始拍摄索拉里曼。时而滑稽时而冷酷的索拉里曼,给人以强烈的感动和希望。

2009年“苏拉里曼工作到底是什么?”(皮埃·布克斯),接着2012年出版了《无法不跳下去的尝试》(德间书店)。作为新的尝试,我想以父亲的视角来拍摄Solaman,于是开始拍摄《女儿和Solaman》系列。女儿和父亲之间,有着微妙而绝妙的距离感,对青山来说是最幸福的拍摄对象。2015年出版了《少女与情欲》(KADOKAWA)。

© 版权声明
THE END
喜欢就支持以下吧
点赞0赞赏
分享
评论 抢沙发